2012年6月 1日 (金)

パーツ新造

先日折れたマサダのボルトリターンスプリングシャフトの固定ピン
(部品名長ぇーw)
Msd20


前回記事Magpul Masada GBB

折れた部品は再生不能っぽかったので新造してみました
ちなみに、折れた部品はなくても動作に支障はないようです
(チャンバーに調整がいるかも知れませんが)
無い状態でも、フルオートまでの射撃は確認できました


で、パーツは意味も無く15mmのアルミ棒から削りだしてみました
Msd21


Msd22


Msd23


Msd24


Msd25

今度は折れないように長めに作りました

作ってる最中に思いましたが、6mmのスチール棒か肉厚パイプを使って、2mmと3mmの穴を開けて3mmの硬めの棒さえ用意できれば・・・
とまぁ思ったわけですが、加工作業も佳境だったのでその案は試しませんでした(笑)
もし誰か、同じように部品を作られる方は試すのも手でしょう

フライスで旋盤みたいにシャフト削りだすのは手作業ではかなりメンドイですね(^^;
加えて、ボルトキャリアのスプリングガイドを通す穴は棒位置がフラットじゃないため、加工も最終的には手作業で削る羽目になりましたし・・・
結局作るのに1週間弱掛かりました

Parts1オリジナル


Parts2今回作ったもの


Parts3試せばよかった案


Parts4寸法(大体)


結局、アルミで作ったので、衝突部が潰れて結局ボルトは前進するようになってスプリング押さえにしかなってないですね。
部品が無い状態と同様に、ボルトが前進してチャンバーと当たってるようです
そのせいか、弾ポロ病が発生してしまいました(WA M4ではよくあることですが)

ノズルを削ったりもして見ましたが、どうやら原因はチャンバーパッキンがゆるすぎて、ノズルがあたって無くても給弾時の勢いだけでチャンバーパッキンの待機位置を超えて弾ポロしちゃうようでした
しょうがないので、パッキンにテープを巻いてセットし少しタイトにすることで弾ポロは解消されましたが・・・

精度にムラが出てるように感じるので、そこが次の課題です

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

Magpul Masada GBB

前回の更新からさらに開いてしまいました

Msd01

今回はMagpul PTS ACR用 BetaProject製マサダGBBコンバージョンキットです
輸入代行の逸品屋さんから購入させていただきました♪

Msd02

内容物はこんな感じ

組み立ては、この動画見てやれば誰でもできますね
 


Msd03

内容物はGBBトリガー・ハンマーユニット入りロアフレーム、バレル・チャンバーユニット、ボルトユニット、ボルトハンドル・リロードパーツ、バレルユニット基部
※マガジンが付いてないので注意です!※
 
 
Msd04

ボルトはWA M4のパーツと共用ですね

Msd05

・・・問題はこのパーツ

Msd06

ボルト受け・ボルトを押し下げるパーツが曲がってる・・・orz


Msd07

正直、ひどい。これがなければ・・・ポン付けとまでは行きませんが、いいキットだったのですが(^^;
この後、ハンマーで叩いて可能な限り真っ直ぐにしてみました
※6/3追記:逸品屋さんのお話ですと、まっすぐにしちゃうとボルトが前進しすぎて弾ポロの原因になるかも!との事でした。イヤー、やっちゃったよ(ノ∀`)アチャー


Msd08

部組みしたらこんな感じです
まぁ見た目はマサダと変わりませんねw
(注意:ハイダーはマグプルから出してるAACハイダーに変えてます。デフォはM4と同じ半分バードケージです)

ここからは、ボルトの外し方も撮ってみました

Msd09


Msd10


Msd11
 

Msd12


556カートリッジ(ダミー)を使うと容易に開けられます
ボルトの使用上、ピンの脱落防止パーツがつけられないのが残念です


Msd13

ボルトキャリアはWA M4のノズルと同じ部品です

Msd14

フレームと擦る部分を研磨しました

Msd15

フレーム側も研磨しました。
(元々TANカラーの塗料が乗っているせいかすべりが悪かったので)

Msd16

ハンマー系のパーツもWAM4と同様のようですが、まだココは分解していません


Msd17

サプレッサーをつけないと3叉のハイダーが金属音を奏でていい感じですね。
サプレッサーをつけるとまた曇った感じにヘビーなボルトの音がまとまってWAM4とは違ったブローバックライフルを楽しめます
リコイルはM4よりちょっと強いぐらいかな?
(無論、WEのSCARには劣りますケド)
マガジンはG&PのP-MAG(GBB用)を使ってマス


動画も撮ってみました
ガスはHFC134a+HFC152aの混合製品のJETガスを使用しています

途中、マガジン落としてアワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワしてます(笑)

 
 
 
Msd18

バレルも分解してみました
アウターバレルの形状はWA M4に根元はそっくりなのですが、比較すると長さが違ってコンバートできませんw


Msd19

チャンバーはWA M4というより、G&Pのもののコピーのようですね
実は弾ポロしまくって原因調査も含めていましたが、パッキンがWAM4と同じだと対策が難しいですね
(保持位置よりもノズルが勢いで押しちゃうため)
プライムか5KUのチャンバーに交換すべきかもしれませんね~

 
 
 
 
・・・とまぁ、プレデター見ながら調整してたらば
Msd20

ボルトキャリアの先端でメインのスプリング抑えてる
パーツが折れた!Σ( ̄□ ̄;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年9月29日 (木)

WE-tech L85 → L86LSW化

また更新から暫く空いてしまいました
 
今回はフォロワさんの七六さんから依頼を受けまして、WE-techのL85 GBBとICSのL86LSWを2コイチしてL86LSW GBBを製作することになり、早速やらせていただきました
(工程:部品収集1日、製作2日)
 
作業内容については、サバゲな奴ら2さんの記事を参考にさせていただきました
 
 
L8601
ストックプレートとモノポッドを移植しました 
L8602
ストックプレートは耳のような部品を切り落とし、下側のでっぱりが入るようにフレーム側を切削 
L8603
モノポッドはトリガーユニットの取付ベースの下にM4?のネジをきって、グリップの下側から止めてます 
L8604
これらは説明書どおりの作業ですね 
L8605
ストックプレートをとめる丁度いいネジがなかったので、GuarderのAK47のストック取り付けネジを使ってます(笑) 
L8606
スチールフレームなので強度も十分です 
L8607
フロント側が苦戦しました。部品がいいのが無く、外径18mm、内径16mmのアルミパイプを取り寄せました 
ですが、バレル基部は隙間があるもののフロント側は逆に余裕が無く、泣く泣く紙やすりで削る羽目にw
L8608
基部はバレルに段差が出来てしまうのと、固定がどうしても甘くなるので以下のように強度を増すための固定ネジを2本打ちました

L8607_chamber
左:通常L85(水色がアウター)、右:ネジ追加(緑アウター、紫アルミパイプ)
 
って、
L8609
で、組んでみたら・・・、アウターが長いやんけー!Σ( ̄□ ̄;
組んでからだったから正直吹いたw
記事を読み直したら、5mm長いとか・・・。見落としorz
早速はずして5mm切削・・・ 
 
ネ ジ も 切 り 直 し _ |  ̄ | .....○
 
 
 

 
L8613
フロント側はアウターとガスブロックもほぼ全部ICSのそのまま使用 
ガスパイプとスプリングはWE-techに入れ替え、動く部品だけアルミテープでスプリングとの噛みあわせて取り付けました

L8612
フロントが長く、重いかな?と思いましたが、思ったよりバランスが良かったです


L8610
今回初めての2コイチ(しかも片方は新品)の作業をし、いろいろ学ばせていただきました
L8611

L85にもはじめて触れましたが、なかなか良い点悪い点もみることができ勉強になりました 
 
L8614

動かしているとピンが抜けてきました・・・。抜け止めがされてますが、位置的には落ちやすいのかも~
 
 
 

最後に動画。(音は設定間違いしたせいで撮れてませんでした)

 
完成品の七六さんの記事はこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月28日 (月)

WE-tech SCAR

最近、躊躇なしにエアガン買い過ぎてヤバいのと

仕事場が遠くて朝夜明け前に起きないと間に合わないとかっていう余裕が無かったせいで

全然ブログ更新しなかったできなかったんですが

ちっと放置してたWE-techのSCARをアップしときます

 

Scar01 WE-tech SCAR-L(ガスブローバック)です

Scar02  刻印アリの真鍮ボルトバージョンです

 

早速フィールドストリッピング(簡易分解)してみます

ちなみに前もってマガジンは抜いといて下さい

Scar03  ロアフレームのピンを抜きます(抜けきらない様になってます)

Scar04 ピンを抜くとロアフレームが前に抜けます

Scar05  ロアフレームを外すとストックが下にスライドできます

Scar06  ストックを抜くとメインスプリングが外せます

Scar07  シューっと(青いのはストライクアームズさんのカスタムスプリングです)

Scar08  あとはボルトを引いてホールまで持ってくるとハンドルが抜けます

Scar09  ハンドルが抜けたらボルトが外せます

Scar10  ここまでわずか10秒程度。とっても簡単です

 

ここからはEGLMの取り付け~

Eglm01  VFCのEGLMを一緒に購入しました

(注意:そのままではWE-techに付きません)

Eglm02 内容はこんな感じ

Eglm03 EGLM本体とマガジンハウジング付きトリガー(L/Hバージョン)

Eglm04 ハウジングはSCAR本体のロアフレーム同様、ピンをスライドする

Eglm05  スイッチ連動のピンとトリガー側の爪が引っ掛かることでグレランが撃てます

Eglm06  本体とハウジングのフレームはピンに凹の爪をハメます

Eglm07  本体側は背面のスイッチを押すとストライカーが飛び出します

Eglm08  驚くことに、バレルは回転してロックするというリアル(?)です

Eglm09  これでSCAR-L用のEGLMをセット

Eglm10  アームを開いてロック解除

と、ロックしようとしたら全然絞まりませんw

合わないとLAガンショップさんで書いてる通り(爆

でも付くようにするのがここでのポイント

Eglm11  どこが干渉するのかと調べたら、EGLM本体とロアフレームが当たってました(赤○部分

Eglm12  つーことでヤスリで削る

Eglm13  面出ししつつそこそこ削る

Eglm14  写真の赤○部分に凹凸の形が見えてくるぐらい削ればOKでした

Eglm15  で、再度組み立て

Eglm16  セフティは押し込むと△の爪が直接トリガーをロックします

 

これで難なく取り付けができます

Eglm17  持ってみたら、写真で感じるほど大きくも無く、ずんぐりでもなく

 

これ、正式採用で良くね?って雰囲気になるぐらい、とてもいい銃ですね

あとは当たるかどうかw

ボルトとかがリュングマンタイプじゃない分良いぜよ

アクションや分解も楽しめる、撃ってよしバラして良しのエアガンなので部屋撃ちにはたまらんとです

 

後日購入したオープンシステムを組み込みますので、次はそれのアップできるかなと

お楽しみに~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

Mk46完成

香港からの荷物が届くということで、とりあえず、この辺で区切りをつけたく、

Mk46SOPMODの完成にこぎつけました

Mk4602 

前回外装部分は完成したのですが、中身の調整に手間取っておりました

作動圧優先にしてたので少し戻し目にして初速を戻そうとしたら、威力が1Jオーバー+負圧が効かないとかって、致命的な状態になりましてw

バラして調整を繰り返し、ちゃんと0.7J以下かつエアタンクでも連射できるレベルに落とすことができました

Mk4603  

Mk4604  

Mk4605  

正味、ここまでくるとかなり愛着のある銃になりました

 

Mk4606  

ボルトハンドルの戻りは、Gカンパニーはプッシュスプリングですが、改造されてる方の記事で書いてたリターンスプリングをウチも入れてみました

確かにこっちの方がボルトキャリアのピンにも影響しませんしいいですね

ジャンクから持ってきたこのスプリングは確かマルイのチャーハンのスプリングだったはず(^^;

 

Mk4607

フィードカバーが閉まらない理由として、矢印の位置に段差がありますがコレは削った後デス。

コレを削らないとA&KフレームにG&Pのレールフィードカバーがハマらなかったんですねぇ

個体差なのかサイズが違うのか、謎です

あと、本来のG&Pでは爪も見えませんが、削り取っちゃってるせいですw

 

Mk4608  

通常通りバレルも外せます

ホップ調整とかはこんな感じでw

アウターが短くなったので外して運搬とかは必要ないんですが・・・

 

Mk4609  

これでMk46SOPMODガスブローバック完成です~

・・・普通の製品じゃないで紹介するのもアレなんですが、

まぁ、ウチのコレクションの紹介って事でw

 

近々、マグナと負圧式のブローバックの違いとかも図解してみたいところですネ

デワ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月31日 (月)

今の唯一の楽しみ

どこまで書いてたか忘れてたんですが、

普段はTwitterで呟いてるのでブログ忘れる事も多くなりましたw

 

早速前回の続き

Mnm05  

Mnm06  

ホールソーでチャンバー周りを削った後はアウターバレルが本体に入るように加工。

削ってて思いましたが、ホントにフルートバレルって熱発散効果が高いですね。

削ってて熱くなってもすぐに冷めます、マジで

 

・・・しかし、考えてみるとコレG&P製品なんですが、A&Kのフレームに入らないということは、その辺のパーツの組み換えは無加工では不可ってことなんですかね?

それともたまたまこのパーツだったから?

Mk-II→Mk46コンセプトでやってますが、全然素じゃ付かないパーツばっかり

 

Minimi06  

今回導入のパーツ(G&PのMk46化パーツ)

Minimi07  

どれも問題があって無加工で着いたのはアンダーレールだけ

ストックは少し穴をヤスリで軽く擦ってやれば付きましたが、付属のピンは太くて使えませんでした

フィードカバーはMk-IIでも使えるパーツなので、電動用だから付かないのかと思いましたが違いました

フレーム後部と干渉して蓋が閉まらない。あとはガスブロパーツに干渉して開閉ピンのブロックと当たって閉じない状態もありましたが・・・その辺は後日

アウターは前回から述べたとおり、削らないと入らないし、結構大変

アッパーレールについては、A&Kミニミのフレームには取り付けるための穴などが無いので、穴を開けてネジを切ってやらないとなりません

って、ことで全部加工するのに1ヶ月くらい掛かりました(まだ途中ですがw)

 

Mnm07 元のフレーム

Mnm08 仮付け状態

Mnm09 まさかこの時点では加工があんなに必要だとは想像してなかったw

Mnm10 フィードカバーのスプリング受けも削り落しました(写真は加工前)

Mnm11 ネジをフレーム側にM4タップで切ってアッパーレールを取り付け

最初はずんぐりむっくりでカッコ悪いかな?と思ってましたが、付けてみると結構イケてると思うようになりましたw

Mnm12 これがコレのボルトキャリアとピストン

Mnm13 そしてそのボルトを支えるブローバックフレーム

中のパーツが削れてバリが立ってるみたいなので研磨して組み直し

Mk4601  

こーゆーのが楽しくてたまらない(゚∀゚)

結局アウターで1月の2/3以上を費やしましたし、大変楽しませてくれる作業ですねぇ

まだ細かい所の調整が残ってますが、やっとアウターも完成しフレームにレールも付いた~

あとは組んで連射まで持っていければ完成かな?

今週には新しいのが届くかもしれませんし、楽しみは尽きませんね・・・

 

  

 

人付き合いも無しに銃だけ弄ってる完全なキモイ引き篭もりと化したがな・・・

(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

ミニミのパーツに悩む

先日、Twitterのフォロワーさんから譲っていただいたA&Kミニミ・ガスブロver

メンテして動きは好調になったんですが

Mk46にカスタムして短くし、さらに!

コミケで買えなかったけど再版されると噂のExcelセンセのイカハイダーを買えたら取り付けたい!

ということなのですが

 

 

一個一個のパーツが10k越えてんねんw

しかも、スライドストック、レールフィードカバー、レールハンドガード、アッパーレールRAS、フルートバレル、etc・・・

タケーよ(´ω`;)

スコープも載せたフル装備で本体込み20万コースじゃねーかw

 

どうしよう・・・(´・ω・`)

 

 

てか、ホントは銃じゃなくて女の子につぎ込みたいぜ(゚∀゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

RA-tech WEM14パーツ

先日購入はしていたものの組み込むのがめんどくてやってなかったRA-tech製のWE M14用のパーツを組み込みました

Wem1459  

フルオートのバーはポン付けなので省略

ボルトオープンの爪とボルトとハンドルパーツの連結するためのバーです(わかり辛い)

Wem1461  

以前の記事の如く、マガジンが入る□のパーツを外します

矢印と○のあるところが今回交換するパーツ(↑は純正)

Wem1462  

ここのパーツが分割されてるせいでマガジンが空にならないとボルトオープンがリリースボタンでは操作不可なのですが、今回入ってるパーツに交換するとリリースボタンを押すことでボルトオープンの状態にできます

Wem1463  

上が純正、下がRA-techのカスタムパーツ

連結パーツに大きな違いはありません

Wem1464  

リリースボタンのパーツは全然違いますけどね(^^;

Wem1465  

スプリングをはめ直して黒いパーツに交換しました

純正ではリリースボタンを押すと解除でしたが、交換した後は押すとボルトストップがかかるようになります

(なんで逆w)

解除するときは反対にボタンをあげてやらないとならないので、空撃ちしづらくなりますネ

 

連結パーツとまとめて交換しましたが、動きが全体的に渋くなりました・・・(ぇ?

多分材質は良いんでしょうけど、多少の差がパーツ同士の抵抗になってるのかも

組み込む前に研磨とかしたほうが良いかもしれませんね~

 

フルオートのバーも含め、交換したがあまり交換が薄かったと感じた今回のカスタムでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

Stranger

Jglk24  

先週から週末になるとドラマ消化しながら磨いてるグロックですが

もういいかな?って妥協しようかと思ってきましたw

Jglk21  

少し鈍い感じもするけど、それはそれでジョーカーっぽいよね!(ぇ?

Jglk22  

磨いて思ったのは、

・・・なんか、グロックっぽくない(何

 

Jglk23 

ハーフシルバーな上にチャンバーとバレルはブラックなのが逆にアクセント過ぎて違う銃に見えるよーw

 

Jglk25 

Jglk26 

手のひらで温めたロングマグで撃つとリコイルも激しいしフルオートも軽快です

サイレンサーはまだLAさんにオーダーしてから音沙汰ないですが、来たら病院編のサイレンサー付きも再現できるかな?

楽しみです(^^)

Jglk27 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

Joker's Glock Custom研究

トンプソンのバラシ、チェックもやってたんですが、まだ解決してないのでその辺はまた今度。

(・・・また今度と言って忘れ去ったことは良くあるが、それは置いといて)

 

Jglk18  

先日Blu-rayで観てチェックしてたジョーカーのグロックです

フツーのフレームに17のシルバースライド。

でもオープニングはフルオートです

まさに改造G17というに相応しい

 

Jglk19  

武装トラックでデントを襲ったときに撃ち切ってから投げ捨てたと思ってたんですが

後の病院のシーンでサイレンサー付で再び登場します

Jglk20  

でもここではフルオートじゃありません(何故?

普通はセミシア切る改造のはずなので、フルのみになっちゃうはずなんですが・・・

実はスゲー改造が施されてるのか、或いは違う銃なのか

スゲェよ、ジョーカーグロックさん

 

でも、ここで出番はおしまいでしたw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧