2010年9月 7日 (火)

トリハダ

先日、深夜に見てしまい、その日全然眠れなくなっちゃったんですが

 

すっげー怖い、幽霊も化物も出てこない、人の狂気と恐怖の表現に特化したホラードラマ

オチが見えないし、見たところで後味最悪な終わり方が、日本のホラーっぽくて凄い話でした

 

今回既に7だか8までのシーズンまで来てるらしいのですが

最初の方をみたいなぁと思ったらどうやらレンタルのみらしい・・・

確かにDVD買おうかと思ったら怖くて持ってたくないけど(笑

 

暑さが続く夏にはホラーで冷や汗かくのも悪くないかもしれないな…

 

と思って見たのが間違いでしたw

地味に怖い

それがトリハダ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

掠奪者達

Predaotrs  

7.10(sat)公開の映画プレデターズのCMやってますね

大好きプレデター映画の続編というか、シリーズです

 

ストーリー概要は以下

地球から攫われてきた傭兵や殺し屋などの戦闘のプロフェッショナル達

何故こんなジャングルに!?

それはプレデター達の獲物として、サバイバルゲームの狩りの相手として選ばれたからだった!

 

 

・・・攫って来れるぐらいだったら勝負にならねぇジャン(´ω`;)

とはいえ、この映画、なんつってもカッコイイのが

 

刺青入ってるヤクザさんですョ!(゚∀゚)

ポン刀持ってますよ!

 

世界で一目置かれるマフィアなんですね、殺し屋なんですね!

カッコイイ!(≧▽≦)b

主人公じゃないので勝つか負けるかはわかりませんが、是非一矢報いて欲しいと思います

 

今回はプレデターのほかに鹿の角をくくりつけたような猟犬が出てくるようですがこれも見所ですね

・・・狭いところを潜り抜けるからスマートなはずの猟犬なのに、なんで角とかついとるねん(´ω`;)

 

 

つか、突っ込みどころ満載やんけ!!Σ( ̄□ ̄;

 

というのを楽しむ映画かもしれませんが(笑

とても楽しみなので、友人を縄で引っ張ってでも見に行こうと思います

(一人で行けよw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

涙する

最近帰りがジワジワ遅くなって、定時帰りしてた頃が懐かしいです

しかしながらまだまだフレの人の10時だの終電だのに比べれば全然早いんですがw

 

その割には仕事が全然達成感が無く、なんか非常に詰まらないことばかりですけどね(´・ω・`)

 

そんな中、今日は撮ってあったアニメ・かみちゅを見たんですが

涙・・・

 

え、なんで俺泣いてるの?

ソンナ感動的ナ話ジャナイヨ?

 

かみちゅっていうのは中学生?の女の子が神様に選ばれたらしく、九十九神やなんやらかんやらに頼まれたりして願いを叶えたりする、なんちゃらかんちゃら

まったり中学生の平和な日常っぽいお話なんですが・・・

そんな中の海の家のお話。

忘れ去られた海岸・海の家の思い出・・・みたいなお話だったんですが

ふと気づけば泣いてた

 

 

日常にこそ感動ありか

一日一日が思い出であり感動感傷なのかな

 

 

メールもできない今の自分も過去の思い出に?(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

見逃したぁ

最近の刑事モノのドラマが好きでよく見てるんですが

帰りが少しずつ遅くなってるので忘れたり違う番組を見てしまってスルーしてしまったりと見逃し気味・・・

 

クックック・・・

 

というようなこともあり、お店に行ったりして悩んで

お財布とも相談した結果っ、BDレコーダーを注文しました!

 

火曜日には届くみたいですから、楽しみ~

 

 

あと、

我が部隊の装備を一新しまーす

 

欲に負けた(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

District9

映画・第9地区を観てきました

 

なんつーか

感想としてはおもしろかったし、よかったよ?

 

他のヒネリ過ぎたサスペンスやアクションやらよりは断然おもしろかったし

いろんな意味でのことも考えさせられた

 

難民・武器問題・無法地帯・スラム・ギャング・人道問題

なんつーか、アフリカって言うか人間的な問題っていうか

そこら辺を相手を宇宙人に置き換えてやってるみたいな話にも見えました

(途中からは変わりますけど、初期設定はそんなもん)

 

しかし、謎って言うか説明不足も多いんで、え?なんで?って事もいくつかありましたが

まぁ宇宙人のやることだから!ってことで地球の尺度では測れないよね!(何

 

 

 

 

 

以下↓ネタばれ含む感想・反転

 

 

しっかし、なんで本船のエネルギーの液体がかかったら宇宙人化するのか

そもそも人間よりはるかに肉体的にも強いし武器も強力だよね?

本気で戦ったら人類なんて瞬殺されるのに、難民だからかそれとも生物の社会性なのか?

なぜか不当に扱われても全く抵抗せず

一部犯罪に走るのもいたけど、話して通じるし・・・

 

人をバラバラにして食う時もあれば人間のやってる肉屋さんに並んだり、キャットフード欲しさに滅茶強い兵器を売ったり・・・

あの兵器使えばいくらでも奪えそうなのに…律儀すぎるw

 

そんなバカ真面目な宇宙人に比べ、人間ときたら

・地区に押し込めて難民と言うより捕虜とか有害生物扱い

・卵を見つけたらとりあえず殺す。特に火炎放射で焼いて弾けるのを楽しむ

・騙して殺して食う

・無抵抗でも不当に攻撃して殺す

・解剖やいろいろな攻撃をして生体実験、酷いと的にしたり

その上、ハイブリッドになった主人公を解剖して売るっていうんだから、人間の方が非道だろう

確かに犯罪は起こした奴もいるが、あくまでそれは治安の悪い世界だからじゃないか?と思うな

しかも増えてる!とか言ってるけど、狭いとこに押し込んで増えるも何もないよなぁ

まぁ外に出したら人間にとって代わりそうな生物でもあるけどw

 

主人公の乗ってたロボって、機能を使いこなしたら一発も食らわずに敵をせん滅できたんじゃないのかと思った(笑)

子供に遠隔で操作してもらえば無敵だったのに・・・

しかしながら、ラストでRPGをキャッチしたのに燃えた!

 

主人公はずーっと待ち続けるのかな?

もう一段オチがあるかと思ったけど・・・

最後の鉄の花はエンディングロールの後でも良かったんじゃないかと思った

  

まぁ人の非道さを描いた作品だが、ベタに逃げながら戦う主人公映画としてはおもしろかったし、まだ見てない人にはおススメだろう・・・って、ここまで読んでる人は観てるよね?(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

Place of ultimate pain

昨日の話になりますが、

友人と映画・ハートロッカーを見てきました

 

オスカーを受賞した作品と言うことで、イラクを舞台にした映画ですからハリウッド!って感じの映画かなぁと思ってみてきましたが

エンターテイメントと言うよりはドキュメンタリーっぽかったですね

 

イラクの街中でテロリストが仕掛けた爆弾が発見されたら、それを処理して回る部隊です

正直、一寸先は闇。キルゾーンに入ったら生きて帰れるかはホントに運次第・・・ってオハナシ。

 

内容はホント反戦映画です

敵とのやり取りも多少ありますが、面白くは無いデス

 

 

脚色はあるんでしょうが、

海の向こう側では今でも敵と戦ってる人がいるということ

戦争はまだ終わっていないということを感じる映画でした

 

 

タイトルのハートロッカー(The hurt locker)というのは

Those maimed in an explosive; 爆発の創痕

Place of ultimate pain;苦痛の極限地帯

Coffin;棺桶

の隠語らしいデス

とても重い、最前線の言葉ですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

アバターを観てきました

釧路の映画館では4月まで全映画が1,000円なので見やすいですね

先日のゴールデンスランバーに引き続き、アバターを観てきました

2Dでも割と綺麗だったという話も聞いていたんですが、評価が割れてたんで期待してなかったんですけど

結構おもしろかったですね

 

アバターとは、この映画では原住民型ラジコンみたいなもんです

 

昔の映画のいいとこどりって感じもしますが…3Dじゃないからそう見えるだけかもしれません

(元々、映画なんてネタも出尽くしてる感あるしね)

ただ、出てくる動物や植物などが生き生きとしている感じ、息づいてる感じが画面画から伝わってくるし、生死に関しても表現されていて凄いと思いました

 

まぁSFなんでツッコミはナシにします

意味ないし

ただ、悪人を除いて、他のいい人が死ぬのはやっぱ嫌だったなぁ

イイ人だけに残念・・・

 

 

確かに一度は見てみるべきな映画ですね

生きることの感謝を忘れませんように

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

ゴールデンスランバーを観てきました

久しぶりに映画を観てきました

映画館はサマーウォーズ以来かな?

 

で、肝心の感想ですが、

終わって一言・・・

 

B級かよ(;´Д`)

 

各所、詰めるべきところは詰め、数多のフラグを回収しつつ話は進み

見せ場もめちゃめちゃよくておもしろかったのに・・・

オチて無いんですよ_| ̄|○

 

友達曰く、原作通りだそうで

それだったら原作通りにしなくてもよかったよな(笑

まぁある意味、“びっくりした?”

 

 

 

こっからはネタばれ感想↓反転

これから観る方は読まないでね

 

 

いやー、やっぱ見せ場と言えば

1.ショットガンを曲芸のように撃つ黒服vsキルオ

2.花火で吹っ飛ばす&その隙に脱出

3.iPodで命が救われる(イラクかよと

 

あれ?戦いばっかじゃん?w

 

個人的にはキルオがめちゃめちゃイイ奴でビックリだよ

つーか、ショットガンがスラグ仕様のライフル的な使い方だったり、それを側転で避わした上に手のひらで銃口逸らすとか、カッコよすぎだろ(≧▽≦)b

車で突っ込んで助ける挙句、最後まで面倒みてくれるんだから・・・レクターみたいな殺人鬼ほど、ピンチには味方になってくれるものなんですかね

 

花火のスイッチはワイヤーみて気づいたけど、マンホールに仕掛けるとか、ハイだよねぇ

イカスよ

 

そのあとはオチが無い・・・

イメージとしては極大射程みたいに悪にたどりついて逮捕なり、殺すなり

或いはテレビ局で中継中に自白させたりするスネークアイズみたいなエンドかと思いきや

逃げて顔変えて終わりとか・・・

どんだけーと

せめてキルオみたいになって、刑事共皆殺しにするとかさ(あいつらクズだし)

香川が最後までまともじゃないけど、真実にたどり着いて悪い奴を逮捕するとかして欲しかった(こいつが黒幕なのかすらはっきりしないし、確実に竜雷太は噛んでたっぽいけど)

結局首相暗殺したのが誰なのか、誰の企みで、どうして殺すまでに至ったのかなどは完全に不明のまま終わっちゃった

後味悪過ぎ

 

救われないなぁ

ただ、

死なないだけマシか

 

そこが私の感想の、

B級たる所以ですね

とりあえず、貫地谷しほりちゃんカワイイです♪

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

プライミーバル第2章・最終回

NHKで放送していたプライミーバル第2章も第7話で終了しました

いつもの通り続く!って感じでしたけど、前よりマシでしたね

 

さぁ第3章はいつ放送されるのかな?

 

 

 

 

 

以下反転にてネタばれ感想なんざ↓

 

 

 

いやー、まさかまさかの急展開の今回でしたが

未来生物が絡んでくるであろうことは読んでましたが、まさか人間に操られるとか無いわーと思ってたわけで

レスターの時はマンモスが絡むだろうフラグを立ててたのであの終わり方は途中で見えてましたが面白かったですが

操り輪を外してみれば、結局は無敵チート生物に変わりなかったですね

 

ただ、スティーブンの死に方は酷過ぎる

ヘレンに騙され続けて、仲間を信じられず、結局は人類を救うために肉食動物の餌食になるんですから・・・

裏切り者の悪役リークさんは様あ無い死にざまでしたがネ

 

って、アレ?テルム期に忘れてきた未来生物がヘレンを未来に導いてあの操る道具を手に入れたってことなんかな?

あと最後に出てきた傭兵団(全部同じ人)もクローン何だかパラレル何だか

この分だとスティーブンも生き返りそうな予感ですね・・・

 

時空の亀裂から現代を守ってるつもりでしたが、これ以上はもう無理かもしれないとおもう今回のシリーズでした

てか、亀裂開き過ぎでしょw

それに怪物も進化しすぎ、マジ、プレデターかよ(-w-;

天敵か或いはある程度の自制が無いとあの手の生物がいた時点で他の生物が淘汰されて生物が滅亡するのが目に見えてますね

タイムマシーンって映画では地底人があのような獰猛生物の立ち位置で出てくるんですが、制御する頭役がいなくなった未来は緑の無い荒廃した世界でした

あの未来生物がいる世界も絶対滅びちゃうよねぇ・・・と

今回でてたラプトルは1万年以上もあの形態のまま存在してる生物としての完成形なんだけど、他の生物を淘汰していないっていうのは生物的にバランスがとれていたってことなんでしょうけどね(天敵や食料による分布のバランス)

本能に準じて殺戮と繁殖を繰り返すとどっかの霊長類みたいに世界を滅ぼしちゃうんだぜ?(アレ?

 

 

とりあえず、全編にわたってカッコ良かったレスター氏のシリーズでした(何

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

ぷらいみーばる・セカンドシーズン

NHKの木曜夜8時から放送中の海外ドラマ・プライミーバル2ndシーズン

http://www9.nhk.or.jp/kaigai/primeval/

前回の1stシーズンが正月ごろやってたのを実家で見てハマったんです

 

過去の生物から謎の未来生物までが時空の歪みを超えて現代に出現!

主人公たちとの死闘を・・・って古生物を助けるのがテーマだったはずなんですが

いつの間にか人食い生物ばかりが襲いかかる毎日となっております(^^;

 

2ndシーズンもエグイもののラプトルとスミロドンを除けばさほど凶暴でもなかったり?

あとは地域災害に近いレベルの地域固定の種ばかりですね

 

 

だが、ここで私が感想を書いているということは!

来週が超面白そうだからです

(というかどうなるか気になる!)

 

来週は第6話、1stシーズンのラスボスだった未来の怪物が出てくるようなんですが

コレがヤヴァイ怪物なんです

コウモリが進化したらしいんですが、感覚器官がコウモリなものの体はゴリラみたいで凶暴・ヒョウみたいに俊敏で、またクマみたいに爪も鋭い・・・

まるでプレデターなんですけどねw

 

その怪物と、今まで一度も怪物と会ってない上司が対決するみたいナンデス

その上司レスター氏。主人公に皮肉を言っては頭を痛める内務省の人。

何だかんだ言っては主人公を信頼してる影の功労者なわけですよ

予告では死亡フラグが立ちまくりなんですが・・・

 

でもレスター氏、M60E3を持って大立ち回りもしてるし!

誰か、彼を死亡フラグから助けてあげて!(TдT)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)