« 2011年4月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年5月15日 (日)

20連マガジン

TOP M4をこれから買われる方は、専用のバッテリーと充電機もセットで買うべきですよー

とまぁ、G&P買って涙を流したわけですがw

 

先日、GWに帰省した際に実家からマルシンの20連マガジンを回収してきて、TOPM4用に改修しました

時間かけた割にはあまり手が掛かっていない様に見えて泣けます(--;

Mg20rd01 上側、先端からピコピコ部に当たる部分が本体と干渉するので削りました 

Mg20rd02 左がTOP(EBB)、右がマルシン(モデルガン)。長さが違いますね

Mg20rd03 ココまで加工したので、中身もそのままで作りたかったのですが、結局折れましたw

手前側のマガジン先端がコの字になってますが、フライスでミスって削り落してしまいましたorz

Mg20rd04 TOPのをバラして部品作成。フォロワは殆ど加工しなくてよかったのですが、ガイドとピコピコは随分削りました

同じように見えましたが、マガジンの細かい部分で形状が違うんですね

Mg20rd05 オリジナルは30連なので上と下の端っこをカットしてくっつけました。瞬着でくっつけて、エポキシで横を固めてます

Mg20rd06 フォロワの方は干渉する角をちょっと削ったぐらい。あと写真では未だ加工してないですが、後々、スプリングガイドになってる真ん中の棒も削ってます

Mg20rd07これで完成になりました。結局30連を犠牲にするならそのまま30連使えよwって感じもしますが、実は途中から曲がってるのでできないんですよねw

あと、カートに傷が付かない様に先端の角も少し削ってます

Mg20rd08 ピコピコは本来下からネジ留めされるんですが、元々キツメなんでそのままにしてます

これで一応完成です~。

 

Topm418

どこかで上がっていたチャンバーパッキンの切れの話。

ウチのは、まだ殆ど撃ってないせいか未だ切れてませんでした。

ただ、写真で手前側の上に見えますがパッキンにわずかなくぼみ(ピンで叩いたような跡)があり、びしばし動かしてるとそこから切れるのかも。

ただ、最初からそういうようになるようにしてあるのかもしれません・・・

 

あと他の点についても修正したので追記

G&Pのバッテリー買ったらストックパイプに収まらないという結果に・・・

(写真撮ってなかったけど、G&PのGP850Bっていう11.1v1200mAhのリポバッテリーです)

ミニ2Pコネクタですが、デフォだと大き過ぎて入りません

Topm419なのでストックパイプや配線も含めて加工しました

ヒューズが大きいのでパイプ後部に収めると配線やコネクタが収まらないということになってしまうので、

パイプを固定するための隙間(ネジが刺さってる間)にヒューズを納める事にしました

Topm420ヒューズコネクタへの配線は、金具に対してL字になるように付けて、パイプ内に収まるようにし、パイプもヒューズが入りやすいように凹形に削っています

Topm421 コネクタも本体とバッテリー側も含めて短くして接続しやすいようにしています

しかし、昼間から何処にも行かず大量の銃器とゴチャってる一間で延々と半田ごてを握って作業してると、自分がホントにテロリストで、爆弾でも作ってるんじゃないかと錯覚しますねw

Topm422これでPRSストックにリポバッテリーを納める事ができるようになりました

バッテリーを買う際は、バッテリーサイズの他にケーブルとバランスコネクタの分も考慮しないとなりませんね~(^^;

 

 

これにて当面の目標だった本体は完成です

本体外からのバッテリーのキルスイッチや、セミの掛かりが悪い(セレクタ位置)問題がありますが、これらは追々やっていきたいところです

Topm423  

うーむ、カッコイイw

Topm424  

バッテリーの出し入れには工具が要るようになってしまたのですが、エアコッキングだけでも撃てるので当面はバッテリーなしで飾りますかネ(^^;

リポは管理が難しいので怖い怖い

 

 

最後に動画ス

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

TOP M4外装カスタム

GWをいかがお過ごしでしょうか

私は真ん中で仕事が入っており、如何様にも出来ず、しかも愛しのハニー(笑)にも振られてしまってやることなくなってしまい

暇なんで、TOP M4A1 EBB買っちゃいましたw

[前述]改造は自己責任でお願いします(>_<)b

 

Topm401_2 

なんか既に分解しかけてますが(笑)

詳しいレビューとかはすぐに分解しちゃったので、できません(ぉぃ

電動ですがカート式かつシア式のことでサイレントスナイパーも夢じゃない!ということと

フォロワさんのべるがさんがドロップキックで背中を押してくださったので買っちゃいました♪

(B.B.Kingにて47k弱です)

加工内容はほぼミリブロのAreYouReady?さんを参考にさせていただきました。

Topm402_2 


で分解ですが、基本的なものは普通のマルイ電動と同様でした

フロントサイトのピンも巷で言われているほど硬くもなく、ポンチ当てて軽くたたく程度で抜けましたし…(個体差?)

Topm403_3  

そういえばXMやM4系ってオリジナル持ってたことないんですが、ストックパイプのネジ位置が深すぎてはずすのに苦労しました

マルイのってもうちょっと高い位置にあるはずですよね…

TOPのはフレーム基部(パイプの底)にネジがあるので長いドライバーがあったほうがいいかも

Topm404 
 
フレームの違い

左がG&P、右がTOPのロアフレームです

今回はG&PのVLTOR・STAG ARMSのフレームに交換します(昔買ったが使ってなかったので)

大まかなサイズはほぼ一緒ですけど、上下交換するんでアッパー対ロアの違いは比較しませんでした

Topm405 


ロアフレームの違いはここが大きいですね

Topm406 

ストックパイプつける部分が短いのもそうなんですが、基部の部分も若干短いです

これが後々取り付けに関わってきます

Topm407 


アッパーフレームはこんな感じ。

(左がTOP、右がG&P。てかフォアードアシストでわかるねw)

詳しい違いは加工事の部分で説明しますが、大まかなところはモデルが違うことを除けば殆どなし。

 
Topm408 

早速、おっかなびっくりアッパーから加工開始

アッパー加工は長いやすり棒があれば事足ります

Topm409 

黄色で囲った□部分と線部分が干渉するため削りました

線部分はメカボが入る程度に削ってやればOK。

特に出すとカバー寄りにやったほうがいいのかな?バランスは必要でしょうけど

□部分はチャージングハンドルに干渉しない程度まで削ればよいのですが、全部削る必要はありませんでした

ミリブロの方のところではチャージングハンドルが動く部分も削らなければならなかったみたいですが、ウチは大丈夫でした

Topm410_2 

とりあえず、これでアッパーは完成。

次はロアフレーム

Topm411


今回はストックパイプごと交換するので、加工ポイントは3か所で済みました

Topm412


まずは基部の上の縁部分を内側に斜めに削り込みます。

先に説明したロアフレームの基部が長いせいでメカボが入らないためです

まぁ、ここも本体合わせだったわけですが、45度ぐらいで削り込めばいいのかな?

上面はもとのままなので隙間とかは開かないようになっています。あくまで内側のみです

Topm413


ここもメカボを入れる際に干渉するので斜めに削ります。

メカボ分をすり合わせながら削るのが大事です。
(1~1.5mmぐらいだと思いましたけど)

 

あとはストックパイプ部です

だいぶ端折った気もしますが、ここが今回の改造の肝でした(--;

ほかは鑢一本で事足りるのにここだけ対策なしなのが悔しいところ(アウターバレルもありますけど)

写真取り忘れましたが、ストックパイプの取り付け時、マルイの場合はメカボックス内のスプリングガイドにネジが切ってあってそれに固定ネジをさすのですが、

TOPの場合はメカボではなくフレームにネジが切ってあって、そこにストックパイプの固定ネジを止める方式になっています

(その上、ネジ径も違うw)

参考にさせていただいた方のところではウェルドというものを使われていましたが、難しそうなので違う方法を検討していたところ、思いついたのが

アルミの棒をホームセンターで買ってきて削って入れる!ってことでした

ロアフレームのストックパイプ取り付けパイプ?の内径は14mm×長さ25mm。

14mmのアルミ棒を買ってきて穴あけネジを切ればばっちりじゃん!って

思いついたのが運の尽き。

これが一番時間かかったorz

 

Topm414

綺麗にできました?(加工時間5,6時間ほどw)

15mm径しかなく、それを買ってきて削りましたが・・・

旋盤がないので新円を守りつつきれいに削るとか、恐ろしく大変かつ面倒なんですよねw

結局、それに時間がかかりまくりましたorz

しかもまっすぐの円柱形じゃ入らず、わずかに円錐形な形でないと入らない(フレーム基部に向かって狭くなってましたw)のでそこまで削るのにも労力が・・・

作ってくれとかあっても、 お 断 り し ま す わ!

ただ、固定のためにイモネジも一緒に買ってきたのですが、径がぎりぎりだったらしくキツキツで、ハンマーで打ちこんだので全然とれないようデス

とりあえず、そのままw

 

 

 

 

 

まぁそんなこんなで組み込み、できたのがコレ!

Topm415


写真ボケボケですがw

TROY TRXレプ13インチ

MAGPUL PRSストックレプ、MOEグリップとレールグリップ

G&P STAGARMSモデルMURフレーム

VFC SCAR-H用サイレンサーセットとバイポッド

TASCO 安売りスコープ(笑)

NB バレルエクステンション(1インチ?)

TOP M4A1 EBB 

Topm416 

 

コレ、ミリブロで見かけたWAM4でのカスタムやってる人がいて、それをコンセプトにさせていただきましたw

カート式でエアコッキングもできるし狙撃向きだよね!って
 

 

結果・・・、

 ピストン打撃音がだだ漏れ&結構うるさい∑( ̄□ ̄;;;;

 

なんだよ、それ・・・orz

 

しかも専用バッテリー買わずにLiFePo4でいけるべと思ってたら、9.9Vだと遅い遅い(泣)

まともにフルオートのサイクル出せませんw

で調べたら9.9以上のLiFeってあんまりないんですね。

時代はリチウムポリマーの時代なのかな・・・

今は帰省中なので帰る頃に届くようLiPoも注文しました

 

その他にもいくつか問題点がありまして

○先述したアウターはマルイや他メーカーと互換がない。

 →社外の、特にパーツが薄いのでスチールパーツとして出るのを強く望まれますね

○このカスタムだとセミの位置だとトリガーが戻らない時がある

 →これはフレームとメカボの設置がまだ悪いようで、フルにすると戻るのでセレクターの噛み合いが悪い模様・・・

○どこからバッテリー入れるよw

 →パイプに余裕はあるが、穴を開けるか毎回ストックはずすことになる(メンドイw)

○マガジン30連しかないけど、バイポッドだけだと地面に干渉するよ?

 →とりあえず、ストックにモノポッドつけました

Topm417 


 実家のモデルガン用20連持って帰って加工してみまふ

 てかTOPから20連って発売されないの・・・?(´・ω・`)

 

まー、問題山積ですが、弄ってて楽しいのはガスブロ並みで、しかも撃つときはカートが飛ぶんですからいうことなしですね

先日のミリブロの方の記事ではインナーバレルもマルイ互換ぽい話が出てましたので、帰ったら試してみたいところ・・・

アンビマグキャッチや未装着のトリガーガード、そしてボルトストップ延長パーツなども作ってみたいところですね~

楽しみです~

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年9月 »