« エアガン修理 | トップページ | お悔やみを »

2011年2月28日 (月)

WE-tech SCAR

最近、躊躇なしにエアガン買い過ぎてヤバいのと

仕事場が遠くて朝夜明け前に起きないと間に合わないとかっていう余裕が無かったせいで

全然ブログ更新しなかったできなかったんですが

ちっと放置してたWE-techのSCARをアップしときます

 

Scar01 WE-tech SCAR-L(ガスブローバック)です

Scar02  刻印アリの真鍮ボルトバージョンです

 

早速フィールドストリッピング(簡易分解)してみます

ちなみに前もってマガジンは抜いといて下さい

Scar03  ロアフレームのピンを抜きます(抜けきらない様になってます)

Scar04 ピンを抜くとロアフレームが前に抜けます

Scar05  ロアフレームを外すとストックが下にスライドできます

Scar06  ストックを抜くとメインスプリングが外せます

Scar07  シューっと(青いのはストライクアームズさんのカスタムスプリングです)

Scar08  あとはボルトを引いてホールまで持ってくるとハンドルが抜けます

Scar09  ハンドルが抜けたらボルトが外せます

Scar10  ここまでわずか10秒程度。とっても簡単です

 

ここからはEGLMの取り付け~

Eglm01  VFCのEGLMを一緒に購入しました

(注意:そのままではWE-techに付きません)

Eglm02 内容はこんな感じ

Eglm03 EGLM本体とマガジンハウジング付きトリガー(L/Hバージョン)

Eglm04 ハウジングはSCAR本体のロアフレーム同様、ピンをスライドする

Eglm05  スイッチ連動のピンとトリガー側の爪が引っ掛かることでグレランが撃てます

Eglm06  本体とハウジングのフレームはピンに凹の爪をハメます

Eglm07  本体側は背面のスイッチを押すとストライカーが飛び出します

Eglm08  驚くことに、バレルは回転してロックするというリアル(?)です

Eglm09  これでSCAR-L用のEGLMをセット

Eglm10  アームを開いてロック解除

と、ロックしようとしたら全然絞まりませんw

合わないとLAガンショップさんで書いてる通り(爆

でも付くようにするのがここでのポイント

Eglm11  どこが干渉するのかと調べたら、EGLM本体とロアフレームが当たってました(赤○部分

Eglm12  つーことでヤスリで削る

Eglm13  面出ししつつそこそこ削る

Eglm14  写真の赤○部分に凹凸の形が見えてくるぐらい削ればOKでした

Eglm15  で、再度組み立て

Eglm16  セフティは押し込むと△の爪が直接トリガーをロックします

 

これで難なく取り付けができます

Eglm17  持ってみたら、写真で感じるほど大きくも無く、ずんぐりでもなく

 

これ、正式採用で良くね?って雰囲気になるぐらい、とてもいい銃ですね

あとは当たるかどうかw

ボルトとかがリュングマンタイプじゃない分良いぜよ

アクションや分解も楽しめる、撃ってよしバラして良しのエアガンなので部屋撃ちにはたまらんとです

 

後日購入したオープンシステムを組み込みますので、次はそれのアップできるかなと

お楽しみに~

|

« エアガン修理 | トップページ | お悔やみを »

ガスブローバック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/426362/39043240

この記事へのトラックバック一覧です: WE-tech SCAR:

« エアガン修理 | トップページ | お悔やみを »